TEL:043-375-3758 メールでのお問合せはこちら

平成31年は7組の結婚が生まれました。

 

平成から令和に御代が代わります。

祝賀ムードで本当に嬉しいものです。

 

平成の天皇陛下ご在位中の特集などを見るにつけ、自然と涙があふれてしまうのは私だけでしょうか。

 

さて、わずか5か月の短い平成31年ですが、

 

リボンスクエアでは7組の結婚が生まれました。

 

 

良くある質問と絡めて、振り返ってみたいと思います。

 

 

【 目次 】

………………………………………………

1、■熟年婚は難しい?

………………………………………………

2、■どの位お見合いするの?

………………………………………………

3、■結婚するまでの活動期間は?

………………………………………………

4、■奥手な男性は結婚しにくい?

………………………………………………

5、■断られる理由がわからない

………………………………………………

 

 

209

 

 

 

 

 1、熟年婚は難しい?

………………………………………………

 

熟年婚はちょっと工夫すれば難しくない!

と思っています。

 

これから子供を産み育ててく責任もなく、親に気兼ねすることも少なく、2人の幸せだけを考えられる結婚です。

 

 

今年結婚した

 

62歳再婚女性と64歳初婚男性 は

 

男性は初婚ですが、女性は再婚でした。

 

離婚後は女手一つで子供3人を育ててきた、明るく素直な女性ダンディーでアクティブな若々しい男性

 

 

彼女にした、一工夫は

 

身だしなみの大改革。

 

大抵の熟年婚はこれをしています。

 

 

おっかさん風の髪型を素敵なマダム風に

 

おばさん風の洋服から若々しいブランドに

 

少々時間をかけて彼女にとってのベストを探しました。

 

 

  【このお洋服をレンタル!

IMG_4396

 

上記のお見合い写真の服装は、私がバナナリパブリックで数年前に買ったものですが、

 

試してみたら、バッチリ! 彼女のベスト発見の瞬間でした。

 

 

そんな感じで生まれたたお見合い写真ですが、

 

結婚のきっかけは、男性がこのお見合い写真を気に入ってくれたことでした。

 

「この洋服を着ていなかったらうっかりスルーしちゃったかも」

と男性。

 

この記念のお洋服は、プレゼントさせていただきました!

 

大改革も嫌がらず素直にアドバイスを聞き入れてくれまして、

 

「何歳になっても素直な人は結婚が早いなぁ、」とつくづく感じました。

 

 

 

 

2、何回くらいお見合いする?
…………………………………………………………

 

良くある質問の一つである、「結婚するまで何回くらいお見合いをするのか」ですが、

 

そのお答えとしては、1回目の人もいれば、100回目の人もいますので一概には言えませんが、

 

多くの方が20回以上はします。

 

 

お見合いでは、お断りすることも、されることもあるのですが、

 

どちらの割合が多いかアドバイスの仕方も変わってきます。

 

お断りすることが多いのなら

 

「なかなか惚れにくい」

「理想が高い」

 

可能性も高いです(汗)

 

 

IMG_4313

 

 

今年結婚した

 

35歳女性と38歳男性 

 

女性は100回くらいのお見合いをしました。

 

「そんなにするのか?!」

 

と驚かれるかもしれませんが、

 

結婚したいと思える人が、「結婚しよう」と言ってくれるまで、お見合いしなければね。

 

 

素直な女性でしたが、「なかなか惚れにくい」「理想が高い」パターンでした。

 

この度の結婚は、お相手に惚れたのかな~

 

「一番素敵な人と出会えました」とのことでした。

 

 

 

 

3、結婚までの活動期間は? 
………………………………………………………

 

結婚するまでの期間は大事な問題で「入会してどの位で結婚できますか?」は一番気になる所でしょう。

 

リボンスクエアでは、早い人で入会から4ヶ月、遅い人で4年でしょうか。

 

平均すると

 

1年ちょっとすぎ、の方が多いです。

 

期間が一年ちょっと、ということは、リボンスクエアでは、

 

20回~30回のお見合い

 

をしていることになります。

 

 

今年結婚した

 

34歳女性と36歳男性 は

 

女性の活動期間はわずか5ヶ月でとても早かったです。

 

ポイントは、活動開始後すぐたくさんのお見合いが組めたことです。

 

5回位のお見合いの中で、2回目のお見合いの方と結婚していきました。

 

 

女性はお相手の男性に対して、

 

「ほのぼのとした愛情」を感じたとのこと。

 

焼けつくような恋愛愛情がなくても結婚に至りますし、そんな激しい感情はかえって心配にもなります。

 

 

 

 

奥手男性は結婚しにくい? 
…………………………………………………………

 

奥手な男性こそ結婚相談所にチャンスあり、

 

だと思っています。

 

恋愛ゲームをうまく操ったりする「遊び目的」の男性がいないのも、結婚相談所の良さですし、

 

もっと言うと、

 

奥手な男性は的確なアドバイスをすると、結婚が早いです。

 

うまく導き出せば、奥手な男性は女性にとって

 

「誠意あるステキな男性」。

 

 

今年結婚した

   
45歳初婚男性と37歳初婚女性 

 

男性はまさに奥手でした。

 

 

彼には傾向と対処法を伝え、彼も気づきの連続だったそうです。

 

8回くらいのお見合いの末、結婚したいと思う女性とご交際となりました。

 

 

誰しも好きだと思う女性が思うようにならない時、

 

「もういいや(涙)」

 

とあきらめたくなりますでしょう?!

 

 

そんな時でも、誰かに冷静にアドバイスや対処法をもらえると、前向きになれたりするのでしょう。

 

 

「あの時に貴嶋さんのアドバイスがなければ諦めていました。ありがとうございます。」

 

と言ってくれています。

 

私こそ、アドバイスを聞いてくれてありがとう、そんな気持ちです。

 

 

 

 

断られる理由がわからない
………………………………………………………

 

 

世の中には独特の特徴がある方がいます。

 

その特徴、振れ幅があまり大きいと、「ちょっと変わっている」となり、結婚には障害となってしまうかもしれません。

 

断られる原因が、その独特の特徴や個性にある人も少なくありません。

 

たいていは自分で気が付いていないだけですので、

 

客観的に指摘して、少しずつ修正してあげると変えられる

 

素敵な個性の範囲ならOK、相手に不快感を与えてしまうのなら変える

 

そんなスタンスで対処法を教えてあげるといいでしょう。

 

 

今年結婚した

 

48歳初婚男性と42歳初婚女性

 

の男性は、

 

個性を伸ばしつつ、好感持てる所作に変化していった素晴らしいモデルケースだと思います

 

 

独特の個性をもったおしゃべり好きの男性でした。

頭の回転が速く、会話も気が利きすぎて先回りしすぎて、女性は「ちょっとくどいな」など思ってしまったのかもしれません。

 

気を付けてもらったのは、

 

1、できるだけゆっくり話す。

 

2、声を少し低くしてみる。

 

3、相手の話が終わったら「いち、に」と数えてから話し始める。

 

4、女性が「はい」「そうですか」しか返事をしなかったら危険信号。

5、人の話を総括してまとめない。

 

などなど…

そんな感じのアドバイスでした。

 

 

所作は努力すれば直せる。

 

振れ幅の大きい癖は素敵な個性となるチャンス。

 

なのです。

 

フラれることもあった男性ですが、結婚が決まった女性からは

 

「こんなに素敵な方には初めて会った!」

 

と言わしめました。

 

諦めずに続けていれば必ず結果が出るものだと思います。

 

 

 

上記以外にも、平成31年は

 

30歳初婚女性と34歳初婚男性

 

44歳初婚男性と38歳初婚女性

 

が幸せゴールインをしました。

 

 

48歳再婚男性と36歳初婚女性

 

31歳男性と29歳女性

 

が結婚間近ですが、こちらは令和最初の… となると思います。

 

 

行く平成に思いを馳せ、令和の清々しいエネルギーを感じつつ、

 

令和も皆様にとって素晴らしい日々でありますよう!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

結婚相談所 婚活ならリボンスクエア

http://ribbonsquare.net

住所:千葉県千葉市花見川区検見川町3-315-17

TEL:043-375-3758

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お問い合わせは043-375-3758 メールでもお気軽にお問合せ下さい!